×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SPL: その他

<<Homepage
【2008年12月25日】 BUCK-TICK
  本日付けで正社員を辞めた。この後1月25日まで、1ヶ月間のパート期間を余力で乗り切らねばならない。
  社長には、12月24日に挨拶を済ませている。今すぐに辞めるのではなく、次の職が見つかるまで在籍していてはどうかといった情けを掛けてもらったが、固辞した。とりあえず、他の社員からも同様の苦情を聞いているが、レベルが違うから同じ目線で見ても仕方がないという、現状を認知している発言(この発言には、それぐらいで辞めるのは情けないという含みもあろう)を聞くことができたのが救いである。(しかし、経営状況が悪化の一途を辿っているので、身動きが取れないのであろう。会社にとって喫緊の問題もあるわけだし。)
  さて、フロントのゴミ虫どもが私について何ごとかを言い立てているようである。およそ、社会人として云々、私とは仕事にならないといったようなこと(こちらについては、私が説明下手であることにも要因があると思われる。)を言っているのであろうが、こうしたことについて彼らが行う言明は、彼らにとっては残念ながらブーメラン効果を伴っていると考えて問題ないと思う。(このことは、Oさんによる仕事上の注意に対するゴミどもの反応からしてもそう言えるし、10月29日、11月9日、11月23日の日記からも明晰に判明すると思う。)
  こうした愚かな行為に対して、差し当たっては、帰宅前に10月29日に掲載してある社長提出文書を館内各所にうっかり落としてきたところであり、本ウェブサイトにおいてはゴミの固有名を晒すこととする。(後者は正社員退位記念でもある。完全退職記念日には社名を晒す予定である。)


  なお、私ほど過激ではなくとも、フロント担当者がいかにゴミであるか(もしくはゴミほどの価値もないか)を認識している人も(それが私の妄想でない限り)いる。こちらも順位づけをするならば、(フロントどもに対する忌避度の大きさを3段階に区分するとして、大きいほうから)3人、2人、2人である。彼らは、いずれも私が実務家として成立していると感じている人びとである。(なお、私は実務家として成立していないという自己認識を持っている。それどころか、就職前の段階では日本国内の正社員のうち最下位に位置しているのは自らであろうとの予想も立てていた。しかしながら、間もなくこの予想は覆されるようになる。なるほど、どうりで日本が衰退するはずである。)


  ◆手持ちの情報:(1)生年月、(2)住民票上の住所、(3)現住所、(4)固定電話番号、(5)携帯電話番号、(6)家族構成、(7)入社月
【2008年12月23日】 魔法の道具
  「ホテル売掛金システム」というのを発見した。私が辞めても別の人を雇うことができないなら、これを導入すればよい。これだけで売掛金業務のすべてに対応できるわけではないが、今よりは負担が低減するはずである。
【2008年12月22日】 召喚魔法
  昨日7時から17時30分まで眠っていたが、起床よりも1時間ほど前に着信があったようである。これは実は召喚魔法の一種であり、私はパート・タイマーとして前の会社で引き継ぎと残務整理とマニュアル作成をすることとなった。面接を受けた酒店に行きたかった……!(しかし、落とされる可能性のほうが大きいので、クレジット・カードの債務を考えれば、悪くはない取引である。)
  本日は、とある派遣会社の登録会であるが、12月20日の印刷用紙卸売業者の電話応対がとても横柄であったという理由により面接の約束を連絡なしに取り消したのと同様に、反故にして、ハローワークに行くのも止めて、登録会の予約をしている派遣会社1社の登録会に行くのも止めて、さらにはその他の派遣会社2社から連絡が来ても無視して、その代わりに銀行と郵便局とクリーニング店とヤマト運輸とホームセンターに行ってから出社しようと思う。
  ところで、私が辞めた理由あるいは原因が経理課の1人であるという噂が立っていると聞かされたが、これは酷い思い違いであり、実際にはその噂をしているゴミどものなかにいるのである。(フ××ト諸君であることは言うまでもない。……10月29日、11月9日、11月23日を参照のこと)


  決めた。売りに出していなかった哲学書もすべて(42点だ)出品登録してやろう。現在の販売状況は、4日間で12冊である。
【2008年12月21日】 不備
  いつもの悪い癖でぎりぎりまでいろいろと作業をしていたら、危うく証明写真を撮り損ねるところだった。いくらパートでの募集とは言え、写真を貼っていない履歴書を渡せばそれだけで落とされても仕方がないので、非常に焦った。(1軒目の写真スタジオでは1時間ぐらいかかるというできの悪い冗談を聞かされたしな。やっぱり、証明写真はカメラ店で撮るに限る。無人機もスタジオもダメ。)


  ◆酒店の経理事務の面接にて(昨日)
   (1) 今まで事務職で男を雇ったことがない。
     ⇒男性差別ですね、わかります。
   (2) でも、男を雇うというのもおもしろいかもしれない。こう言うことを言ってはならないけど、女と違って新しいことをやってくれそうだし。
     ⇒女性差別ですね、わかります。
   (3) ただ、女2人とやっていけるかという点が不安だ。
     ⇒わかります。
   (4) 雇うとしたら、パートというわけにはいかないだろう。
     ⇒税金払うつもりないんで、大丈夫ですよ。などとは言えなかった。
   【結論】 件の女の従業員の返答次第
     ⇒(40歳の)女神よ!どうか私を雇ってください。それだけが私の望みです。


  ところで、上の面接に持参した職務経歴書であるが、帰ってきてから調べているとあまりの内容の違いに愕然とした。3時間がかりでようやく完成させたものの、まだ見劣りしている。しかし、私の経歴や仕事に対する考え方ではこれが限界というところまでやったので、諦めるほかない。
  履歴書は定形外郵便で送るのに、18日には80円切手しか購入していないということにも気づくし、不注意が続くなと思いつつ、そう言えば切手はコンビニでも売られていたはずとコンビニに行ったら20円切手と30円切手がなくて、80円切手1枚+10円切手4枚というのはいかにも間抜けだよなあと苦笑しながら帰宅した途端に、80円で遅れる封筒を持っていたことに思い至る始末。ここで賢い人なら10円切手12枚で送るという手段に打って出るのだろうが、私は賢くないのでそんなことはしない。仕事に関することで悪ふざけはしないほうがよい、というのは私が得た教訓である。


  詰むことが見えている将棋を指すのはおもしろくない。なぜなら、「悪いけどお先に退場させてもらうわ。」とは違うから。
【2008年12月20日】 一段落
  念のためサンポールを2本追加購入してきた。というのは、濃度が高ければ高いほどよいというが、量を増加させるだけでは濃度が上昇すると思えないからだ。そもそも何の濃度が高ければいいのか不明だが、塩酸と解釈したためにサンポールを追加することとなったのである。


 (a) Amazon.co.jpマーケットプレイス(以前からの出品商品と合算)


  136点


  このうち7点が売れて、手数料差し引き後の振込金額が\10,325だった。手数料率は22.3%ぐらい。保証もしないくせにぼったくり過ぎだろう。


  (b) ぐるぐるオークション(以前からの出品商品と合算)


  65点


  こちらは写真掲載がないのとYahooオークションや楽天オークションほど人がいないのとで、早期の落札は見込めない。(経験からしてもそうである。)


  とりあえず手元に置いておきたい商品(分析哲学入門書、言語哲学入門書、三浦俊彦の哲学本、ヒラリー・パトナムの哲学本、アニメやコンピューター・ゲームに関する音楽の一部)を残したが、切羽詰れば本のほうは売りに出すつもり。(43点のうち、売れそうなのは32点である。)


  就職活動についてはようやく昨日からやる気になり、目ぼしいところに連絡した。


  (1) 業種:小売業(酒店),職種:経理事務・一般事務,雇用形態:パート,給与:時給800円,労働時間:1日5時間〜8時間,休日:日曜日・祝祭日・隔週土曜日
   ⇒労働時間について尋ねたところ、同職種に従事している人との兼ね合いもあるから1日5時間になるかもしれないとのことだった。その場合、住民税を支払わなければ生活していくことができるものの、クレジット・カードの債務に手を付けられないので、掛け持ちが必要になる。しかし、都合よく掛け持ちできるような仕事を得られるかという不安を払拭できない。本日面接予定。


  (2) 業種:卸売業(印刷用紙),職種:一般事務,雇用形態:パート,給与:時給700〜800円,労働時間:1日8時間,休日:日曜日・祝祭日・隔週土曜日
   ⇒経理事務の補助も含むそうであるが、主として一般事務とのことで、そこに引っ掛かりを覚える。本日面接予定。


  (3) 業種:卸売業・小売業(文房具),職種:営業補助としての一般事務,雇用形態:正社員,給与:月給125,000円〜155,000円,労働時間:1日8時間,休日:日曜日・隔週土曜日
   ⇒「営業補助としての」という部分がよく分からなかったので質問しようと思ったが、その前に行った質問、「男でも応募できるか?」に対して否定的な回答をもらったため、質問できず終いとなった。


  (4) 業種:郵便(推測),職種:事務(商品の仕分け),雇用形態:短期パート(期間:12月25日〜1月7日),給与:時給900円,労働時間:1日7時間,休日:週2日
   ⇒地方の派遣会社が出している休日だが、おそらく年賀状の仕分け作業であると思われる。単純作業で作業中に意識が飛ぶという事態が予想されるが、とりあえず12月22日に登録しに行く予定。問題は就業場所で、交通手段が自転車しかないので、遠いようなら止めておく。(5、6kmが限度だろう。)


  (5) 業種:不動産業,職種:経理事務,雇用形態:派遣,給与:時給1150円,労働時間:1日8時間,休日:週2日
   ⇒テンプスタッフが代理で出していた求人。2ちゃんねるで調べたら悪名高いようだったので、着信をすべて無視しているところ。


  (6) 業種:不動産業,職種:経理事務,雇用形態:派遣,給与:時給1150円,労働時間:1日8時間,休日:週2日
   ⇒アデコが代理で出していた求人。十中八九(5)と同じところだ。ピンハネ率が大きいとの情報を応募後に得たので、こちらも着信を無視。


  (7) 業種:小売業(新聞販売),職種:経理事務,雇用形態:パート,給与:時給800円,労働時間:1日8時間,休日:週2日
   ⇒「だけどここは朝日新聞」。敵であるが、この際仕方あるまい。事前連絡不要とのことなので、履歴書と職務経歴書を本日送付する予定。


  基本は正社員か長期パートで探し、補助として短期パートを探すという方向で行くのがよさそうである。そして、極力経理事務主体であるところを探すことが重要である。(短期パートなら倉庫内軽作業でもよい。)


  ……履歴書を書くのがめんどい。できればPCで作成したい。しかし、いかにパートでの応募とは言え、それをすると落とされるだろう。日本の事務職は非合理的であるとか、効率が悪いとかいう見解が正しいとするならば、それは形式的作業のうち必要なものと不要なものを識別できていない、あるいは識別していてもそれを無視しているからであると思う。まぁ、派遣会社に持っていくのはPCで作成するが。(派遣会社ごときになぜわざわざ手書きのものを渡さねばならんのかね?)
【2008年12月18日】 産業廃棄物以前の存在者の捌き方と難問の捌き方
  結局、私は産業廃棄物以前の存在者を処理してもよいどころか、処理すべきであると考えているにもかかわらず、背後に控えている衆愚(多勢に無勢的状況)を恐れる余り、処理できずにいる臆病者であるということが露呈したのである。


  あと1年6ヶ月も持つまいと思っていたが、思いがけない事態を契機として職務放棄から開始される一方的な退職というコンボを決めてしまった。何度かそうした衝動に駆られたことがあったが、今回は止めることができなかったのである。当時の心境としては、おそらく「もうがまんならない!」、「スクラップ・アンド・スクラップ!!」という表現を用いるのが適切であると思う。なお、退職届の空欄は、「フ××トのゴミどもがうざいという理由により」であった点については、もう少しうまい(穏当な、ではない)表現をすればよかったと後悔している。


  遠出して、10リットルの容器(自殺用)、サンポール(自殺用)、石灰硫黄合剤(自殺用)、カビキラー(風呂掃除用)、トイレ用除菌ペーパー(便器掃除用)を購入したものの、このままでは到底支払えないクレジット・カードの債務やその他が気になり(何しろ下手を打つとすべての負担が親に掛かるのである)、熟考の末に偽ユウキドウ計画は変更を余儀なくされるに至った。


  というのが、17日のできごとである。


  とりあえず、短期パートとAmazonマーケット・プレイスへの出品とぐるぐるオークションへの出品で当面を凌ぐことにする!(『てとてトライオン!』よ、さっさと売れろ!!)


  むろん、行き詰れば、あるいは行き詰ったということが判明すれば、あるいは行き詰ったという認識を持つに至れば、「逃げるが勝ち」戦法の採用は免れ得ない、という結論がいわゆる常考であることは絶対確実に正しい。
【2008年12月5日】 湧き出る妄想
◆社長……1人(月給60万円)
◆女将……1人(月給45万円)
◆支配人……1人(月給50万円)
◆予約……正社員3人(課長1人:月給30万円,一般2人:月給20万円)
◆営業……正社員4人(課長4人:月給30万円)
◆フロント……3人(一般3人:月給20万円)
◆ナイト・フロント……2人(一般2人:月給17万5000円)
◆仲居……正社員7人(一般7人:月給25万円),パート・タイマー3人(時給1200円)
◆和食調理師……正社員10人(料理長1人:月給35万円,一般9人:月給20万円)
◆和食仲番……パート・タイマー2人(時給800円)
◆和食洗い場……パート・タイマー7人(時給800円)
◆洋食調理師……正社員5人(チーフ1人:月給35万円,一般4人:月給20万円)
◆洋食調理補助・仲番……パート・タイマー1人(時給800円)
◆洋食洗い場……パート・タイマー3人(時給800円)
◆和食設営……パート・タイマー3人(時給800円)
◆洋食配膳……正社員5人(課長1人:月給30万円,一般4人:月給20万円)
◆食事処調理師……正社員3人(月給20万円)
◆食事処……正社員2人(月給25万円),パート・タイマー2人(時給800円)
◆喫茶店……正社員2人(月給20万円),パート・タイマー2人(時給800円)
◆売店……正社員2人(月給20万円)
◆客室点検……パート・タイマー5人(時給800円)
◆掃除……パート・タイマー3人(時給800円)
◆大浴場……パート・タイマー2人(時給800円)
◆経理……正社員7人(うちメイン・キャッシャー2人/次長1人:月給45万円,一般6人:月給20万円)
◆総務……正社員1人(月給20万円)
  →人数集計:代表1人,役職者11人,一般正社員47人,パート・タイマー33人
  →給与集計:17,857,600円(パート・タイマー分を1日8時間×月22日として計算)
  →賞与集計:26,000,000円
  →年間総支給額……240,291,200円


※予約……主として個人宿泊を担当する。団体は直受けのみとする。リアル・エージェントは切り捨てる。
※営業……宴会、法要、コンベンションの3種類を担当する。県内地域を4つに分割する。
※フロント……キャッシャー補助業務も行う。
※給与……基本給のみ,残業代なし
※賞与……基本給1ヶ月分×2回


  年商10億円とすると、人件費率が約24%になる。中小企業庁の平成11年度の調査によれば旅館・ホテルの平均は37.5%なので、かなり低く抑えることができる計算になる。だから、社長は上のとおりに行動すればよい。
  ただし、本計画では婚礼部門を切り捨てており、かつ販売促進費については売上を計上することによって認識するというやり方を廃止することを前提にしているため、年商は8億円ぐらいになるが、それでも約30%に留まるので、問題はないと思う。
  なお、上の構成員は現在の状況を示しているのではなく、給与振り分けと同様に妄想(もしくは理想)を示したものである。


  次回の妄想は宴会と宿泊の料金表についてのものになる予定である。
【2008年11月28日】 硫化水素の威力
  2ちゃんねるで宣伝活動をやっているときに偶然に良い情報を手に入れたので、仕事で疲れているというのに気分が良い。
  で、その情報というのは、硫化水素を活用すれば、安楽死とは言わないまでも比較的楽に死を与えることができるというものである。私の見解では、爆弾や拳銃よりも苦痛やそれに対する恐怖が大きいが、首吊りや飛び降りよりも苦痛やそれに対する恐怖が小さく、かつ自宅で遂行することができるうえに、方法は非常に容易で、費用も上に挙げたどの方法よりも抑えることができる。練炭自殺などしている場合ではない。
  用意するのは、できる限り狭い空間、ガムテープ、容器、サンポール、石灰硫黄合剤である。詳細は「硫化水素自殺の総本山」を、簡潔に情報を得るには「硫化水素による自殺,その方法.」をそれぞれ読むとよい。


  これによって、11月22日に記しておいた「偽ユウキドウ計画」を完了することができそうである。
  ◆2010年5月25日……退職
  ◆2010年5月26日〜……現在の勤務先とは異なる企業に正社員またはパート・タイマーとして勤務開始+国民年金・健康保険・雇用保険の不払い実施(所得税からは逃れられそうにないし、住民税は後で親に請求が行きそうなので、誠に残念ながら払っておかねばなるまい。)
  ◆2013年3月1日〜……趣味に使用する金銭を0にし、代わりに最低限の葬儀費用と貸主への慰謝料を稼ぐ。
  ◆2015年3月13日……硫化水素自殺の遂行(享年32歳)


  しかし、問題は2つある。
  1つは、2015年までに石灰硫黄合剤が簡単に手に入らなくなっていた場合、どのような選択を行うのがよいかという問題である。当初の予定通り、3〜4人を全力で葬って、死刑を獲得する可能性がもっとも大きいと思われる。したがって、この私に殺されたくないならば、2015年になっても石灰硫黄合剤を誰もが簡単に入手できるようにしておくことが肝要である。あるいは、私が以前から提唱しているように、安楽死法案(安楽死を望む者には彼が属する国家が責任を持って彼に安楽死を与えるという、神のような法律)を可決するというのでもよい。
  もう1つは、糖尿病の状況が一体全体どうなっているかである。そもそも、私は糖尿病であるのか。2007年10月12日に開示された結果では、糖尿病の確定診断はできないが、統計上は糖尿病であっても不思議でない数値を叩き出しているとのことであった。たしかHbA1cという値とインスリンがアレだったほか、尿糖の定量検査で6という数値であった。(ただし定性検査では陰性)特に、他の数値と比較したときに、「この段階で尿糖が6というのは異常である」と言われた。そのほか気になる点は、尿蛋白が定性では同じく陰性であったが、定量では1であったことである。検査前48時間以内にオナニーはしていなかったと記憶しているが?いずれにせよ、両目失明や片足切断という状況になれば、死期を早めてやる必要があるので、病院に行きたいところではあるが、休日はひきこもりたい欲求に駆られるので、さてどうするか。
【2008年11月25日】 撲殺天使の襲来
(a) アクセス日時:2008/11/25 13:55:16  # 勤務時間
(b) ホスト名: host4.shugiin.go.jp  # 衆議院
(c) ユーザー・エージェント: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648)
(d) リンク元:http://ime.nu/www6.plala.or.jp/apxres/  # 2ちゃんねる


  うらやましい!!
  ので、ZETT製金属バット(真紅に輝く新庄モデル)でぴるぴる言いながら撲殺してあげようかしら……?
【2008年11月22日】 偽ユウキドウ計画
  PC内各種ファイルの整理と保存のやり直しを終えたので、残務分の計画を立てた。


  ◆2008年11月26日〜2008年12月25日……『てとてトライオン!』CG回収
  ◆2008年11月26日〜……ウェブサイトのデザインの変更+業務用各種テンプレート改訂作業
  ◆2008年12月1日〜……各種旅行社費用照合のためのデータ入力作業開始
  ◆2008年12月1回目の2連休……「懐疑論とその限界」の編集
  ◆2008年12月2回目の2連休……「実践上の矛盾を巡って」の編集
  ◆2008年12月26日〜2009年2月25日……売掛金業務マニュアル作成
  ◆2009年2月26日〜2009年4月25日……某チケットの整備
  ◆2009年5月1日〜……ホテル・システムの勉強開始+宛名作成ソフトの導入
  ◆2010年4月25日……正社員からパート・タイマーへ転換
  ◆2010年4月26日〜2010年5月25日……引き継ぎ+就職活動
  ◆2010年5月25日……退職


  やりたいが、できそうにないこともある。


  ◇すでにホテル・システムに入力されている5年分のデータの修正と追加
  ◇宛名作成ソフトへの2009年5月1日以前の請求先データ入力
  ◇旅行業界の処理業務およびホテル・旅館業界の予約業務に関する情報の取得と定着化
  ◇旅行業界、ホテル・旅館業界にまつわる常識の摂取
【2008年11月21日】 分割払いにまとわりつく不安
  と思っていたが、迷いが生じた。問題は、PC以外で分割払いをすることである。いつ現在の収入を維持することができなくなるか分からないので、極力分割払いはしたくない。
  そうなると、分析哲学本と簿記論・会計学本の購入という以前の計画を復活させる必要があるかもしれない。
  いずれにしても、PC(と複合機)と音楽CDは買う。1月まで猶予があるので、じっくりと考えなければならない。


  ところで、『てとてトライオン!』が思っていたよりも楽しくないので困っている。早いところ、Winshotでちまちまとカリスマ猫かぶり生徒会長のCGを保存して売却したい。しかし、「懐疑論とその限界」と「実践上の矛盾を巡って」の編集、PC内各種ファイルの整理と保存のやり直し、某チケットの遡及的追跡・訂正仕訳と来るべき引き継ぎのための売掛金業務マニュアル作成等々の作業もある!(;´Д`)ハァハァ
【2008年11月20日】 防寒商品としてのテレビ・ゲーム
  最近やけに寒いなと思い、気温を調べた。10℃ぐらいかと思っていたんだが、3℃しかねぇよ、ボケが。当初、秋でこの寒さなら今年の冬は越せそうにないと絶望感に襲われたが、この寒さが3℃なら大丈夫。これまでの経験によれば、期間限定なら、0℃までは暖房器具は電気毛布のみで耐え忍ぶことができる。
  しかし、11月中旬で3℃ということは、1、2月は最低気温0℃〜1℃が続きそうだ。こんな寒い冬には、VIERAとDIGAとXbox360(HDMI端子バージョン)を買い、ゲームをするほかない。1月は『Tales of Vesperia』、2月は『スターオーシャン4 -The Last Hope-』という選択が無難だろう。
【2008年11月14日】 対生霊戦
  生霊を飛ばして私のかぜを長引かせているのは誰だ?
  見つけたら死を与える用意があるぞ。
【2008年10月9日】 旅行社壊滅祈願
  〜非プロが選ぶ日本の旅行社5選〜


  ▽第5位:JTB
  春・夏だとアイスクリーム、秋・冬だとフルーツを基本として、いろいろとプレゼントを要求してくる。(←こういうのは、直受けした利用者にこそ渡したいものである。)
  宿泊手数料15%、宴会・飲料手数料10%と一見まともなように見えて、その実名目上の会費(ほとんど上納金)をどの旅行社よりも設けて、金銭を少しずつ吸い取っていくという手法(ゆで蛙戦法)が得意。(騙されるかボケ!)
  最近特に調子づいているところ大変申し訳ないのですが、集団自殺による倒産を実現してくださいますようお願い申し上げます。


  ▽第4位:名鉄観光サービス
  後払い明細書なる、手数料を差し引いた券を発行してきやがる旅行社で、フロント担当者が手数料に誤りがあることを伝えておいても、すっかり忘れて誤った手数料を本部に連絡して、こちらに損害を与えてくる。
  また、宿泊に際しては入湯税(大人1人当たり150円の税金で、法律上は全額納めなければならないが、一部掠め取っている旅館は多いらしい。)が付くことを知っているはずで、かつ請求書に記載してあるにもかかわらず、基本額と消費税に按分して、手数料を本来よりも多く盗っていく。
  頭が弱いことは社会的害悪なので集団自殺による倒産を実現してくださいますようお願い申し上げます。


  ▽第3位:近畿日本ツーリスト
  大手、準大手の旅行社のなかでは、クーポンやバウチャーの精算の誤りが2番目に多い。
  問題は、誤謬処理分をそのまま取り消しておけばいいものを、こちらを混乱させるような調整による修正をかけてくることである。(宿泊基本額、宴会基本額、飲料、その他業務用クーポンで処理するような商品を本来とは異なる仕方で精算してくるので、手数料の計算が難解になる!)
  時間、体力、精神力、金銭の浪費を促進するバカは集団自殺による倒産を実現してくださいますようお願い申し上げます。


  ▽第2位:日本旅行
  送利用者人数にかかわらず必ず1本付(アルコール類の無料化)を強制される。まれに、1本付分を利用者に請求するために、仮ビル発行の要求をしてくる。(要するに、旅館側のサービスをそっくりそのまま自分たちの利益にしてしまうのである。したがって、利用者にとってはサービスになっていないので、こちらが被る害が重層的になる。)
  大手、準大手の旅行社のなかでは、クーポンやバウチャーの精算の誤りがもっとも多い。酷いときでは、4回の訂正があったほどである。(1ヶ月超)
  ここも、第3位に選んでやった旅行社と同じ問題行動を起こす。
  さらには、宿泊をクーポンで精算しているにもかかわらず、一部キャンセルの立替払いを要求してくる。(クーポンは現金ではないぞ!)
  売掛金の管理がとてもとてもめんどう(とてとて)なので集団自殺による倒産を実現してくださいますようお願い申し上げます。


  ▽第1位:農協観光
 ある程度(具体的には知らない)以上の人数の場合には1本付強制であり、さらにまれに1本付分を利用者に請求するために、仮ビル発行の要求をしてくる。(要するに<以下省略>)
  また、大手、準大手の旅行社のなかでは、高慢、高圧的な従業員がもっとも多い。(というよりも、そんな従業員がいる大手・準大手旅行社は、誠に残念ながら寡聞にしてここ以外に知らない。)
  さらに、大手、準大手の旅行社のなかでは、旅館・ホテルに対する手数料率がもっとも大きい。(1,575円税サ込の中食で15%は正気の沙汰ではない!なお、宿泊は料金にかかわらず20%である。)
  加えて、そのように単価の低い団体、それも100名〜300名という、営業すればするほど赤字になるような団体を連れてきた挙句の果てに、売店利用分を10%値切るというチョンがごとき所業を働く非道さを併せ持っている。
  とにかく集団自殺による倒産を実現してくださいますようお願い申し上げます。




  〜非プロによる旅行に関する指摘と提言〜


  ◆旅行社を通すと旅行者にとっても高くつく。(名目上は知らないが、旅行者からも手数料を徴収しているから。)
  ◆さらに案内所まで通すともっと高くつく。
  ◆旅行社を利用するぐらいなら、インターネット・エージェントを利用したほうがよい。
  ◆ただし、インターネット・エージェントでは、Yahooトラベルとるるぶトラベルは止めておこう。(JTB在庫使用の場合だとJTBの各支店と変わらない。)
  ◆同じくインターネット・エージェントのトクー!トラベルを利用する際には安さだけでよしとしておこう。
  ◆旅行社もインターネット・エージェントも金をくれる旅館・ホテルを持ち上げるということを肝に銘じておこう。
  ◆結局、各旅館・ホテルのウェブサイトから直接申し込むか、電話で申し込むのがもっとも得だと思う。
  ◆しかし、もっとも賢明な選択が旅行をしないことであるということは疑い得ない。




  補  遺


  大部分の旅館・ホテルにとって旅行社が問題なのは、手数料その他の要求による搾取だけでなく、提供利用者室を2週間前まで押さえられることである。これをやられるとインターネット・エージェント予約や直接予約を受けることができず、したがって満室には程遠い状況でも断らねばならないのである。旅行社と関係を持つことに利点があるとすれば、ある程度以上の単価の宿泊の団体を送利用者してくれることぐらいだろう。しかし、一般に単価がきわめて低い宴会の団体を送利用者してくることや、上記のことを考慮するならば、総合的には帳消しになるどころか、マイナスである。
  ただし、旅行社を蹴ってインターネット中心での営業に集中し、成功しているところもある以上、先のような状況を脱却できないのはそうした旅館・ホテルの側にも改善すべき点があるからにほかならないという自戒は必要であろう。
【2008年9月29日】 現代日本社会の七不思議の一
◇男教師→女生徒 (たぶん、女生徒→男教師の一部がここに……)
◇女教師→男生徒


はよく報道されるけど、


◆男生徒→女教師
◆女生徒→男教師


はなぜか事件化されないよね。(わらぃ
【2008年8月26日】 「(笑)」の用例 −分析哲学者、論理学者、数学者に−
フランス哲学(笑)
フーコー(笑)ドゥルーズ(笑)デリダ(笑)ラカン(笑)ジャン=リュック・ナンシー(笑)
ディスクール(笑)生の権力(笑)『ぼくの命を救ってくれなかった友へ』(笑)SM用具(笑)ノマド(笑)リゾーム(笑)器官なき身体(笑)脱領属化(笑)脱構築(笑)差延(笑)反・音声中心主義(笑)『有限責任社会』(笑)精神分析(笑)マテーム(笑)鏡像段階(笑)シェーマL(笑)


東洋思想(笑)
ゴータマ・シッダッタ(笑)ナーガールジュナ(笑)石飛道子(笑)荘子(笑)
四諦(笑)空(笑)インド論理学(笑)無為自然(笑)
【2008年8月15日】 「2次元」的虚構作品に対する5つの態度
  私は、アニメ、キャラクター小説、コンピューター・ゲーム、漫画、人形、アニメやコンピューター・ゲームに関する音楽(これらを便宜的に2次元的虚構作品と呼ぶことにする)に対する諸態度のなかに許容することのできないものが1つだけある。
  それはファッション化である。このファッション化には、特にアメリカ合衆国や西ヨーロッパ諸国の住人によるものと80年代スノビズム的なもの(と言っても、80年代のことはよく知らないのですが)とがある。しかしこれは、「クール」の逆を目指すという表明ではない。そうではなく、「カッコいい―ダサい」という二元論的基準からの脱却を目指しているのである。
  反対に、私が許容できるものは、(1)分析派(一定の距離を取って批評的に見る仕方で、仕草などの細部を問題にすることもある。知識階層崩れによって構成されており、平均的な人と比較してかなり多くの学術的情報が蓄積されており、またそれを分析に利用することができる。)、(2)憧憬派(登場人物に憧れる。幼稚園児や小学生のような小さい子どもによるものと中学生や高校生のような大きい子どもによるものとに細分化される。)、(3)感傷派(物語重視型の18禁ゲームなど、周囲から見ればお手軽なものをすばらしいと感じる。)、(4)性欲派(淫乱肉便器との性交、およびそれを含めた日常生活を求める。)、(5)萌え派(「かわいい」=非性的萌えを追求する。)の5つである。
  なお、私は、(2)→(3)→(4)と渡り歩いてきた。(1)のことは何となくしか理解することができない。(最近では、彼らが分析のために用いる道具に、文化学、政治学、経済学、社会学の大部分、歴史学、基礎心理学、精神分析学といった、私が煩雑さを感じる学問を用いていることに気づいたため、忌避している。)(5)については、無節操に「萌え」という語を使用することには嫌悪感を生じてしまう。(見下した使い方よりもむしろ非常に軽い感じで、あるいはちょっとした流行に乗った感じで使用することに違和感がある。)
【2008年8月15日】 虚構作品の評価にまつわる1つのテーゼ
  「最初に原作に接触し、それに対する評価が高い場合、非原作に対する評価が低くなる傾向性がある。」
  これは、ある作品の選好度と別の表現形式におけるその作品の受容性との関係についての仮説である。


一般的な根拠
(1) 物語の大筋や世界観をすでに知っている。
(2) 原作に対する強固なロイヤルティが形成されている。


特殊な根拠
(a) 制作面で各種の無理な要求をされている。(金銭、日数、人員など)
(b) その作品は、受け手が原作の表現形式の場合においてのみ魅力を感じる種類のものである。
(c) 制作者の表現方法が時流と一致していない。
(d) 原作に対する制作者の思いが弱い。
(e) 実在論的にみた原作の世界を制作者が把握し切れていない。
2008年8月15日】 18禁ゲーム・マトリクス
                  直接的
 ┌─────────────────┬─────────────────┐
純│                 │                 │顕
愛│純愛を前面に打ち出しているゲーム │強姦的/凌辱的なゲーム      │在
改│                 │                 │化
め│『水夏〜SUIKA〜』      │『牝奴隷−犯された放課後−』   │さ
間│                 │                 │れ
接├─────────────────┼─────────────────┤た
的│                 │                 │性
自│全体的に重い雰囲気のゲーム    │淫乱さを全面に打ち出しているゲーム│欲
己│                 │                 │・
愛│『羊たちの憂鬱』         │『マジカルウィッチアカデミー』  │支
 │                 │                 │配
 └─────────────────┴─────────────────┘欲
                  間接的





  解  説


  横軸には恋愛の型をとり、縦軸にはその直接性あるいは間接性の程度をとる。第1象限は、性欲と支配欲を重視しており、かつそれが直接的に表現されるため、強姦を扱うことになる。この領域は、18禁ゲーム、ひいては恋愛の根源である。次いで、第2象限は、間接的自己愛を重視しており、かつそれが強調されるため、性欲の現れが抑えられ、物語が重視されることになる。そして、第3象限は、第2象限と同じく間接的自己愛を重視しているが、その程度がより低く設定されており、相対的に淫猥さが上昇することになる。最後に、第4象限は、第1象限と同じく性欲と支配欲を重視しているが、その現れが間接的であるため、単純に淫靡なもの、あるいは凌辱の形式を採用していたとしても、対象がそれを受容しているという内容を扱うことになる。
【2008年8月15日】 思考と論理
  たしか、野矢茂樹が『他者の声 実在の声』において、論理的思考という語に違和感を表明していた。その理由は、思考というのはある地点から別の地点へ移行することであり、その移行には飛躍が付きまとうと考えるためである。論理が登場するのは新たな地点に至った後のことである。彼は、論理は、飛躍の過程を他者に示す、言い換えれば説明するために用いられるものであると言う。
  これは私の感覚と一致する。私は、感覚からの出発や、おそらく無意識のうちにある問題意識(を言語化し得ない状態)にもどかしさや苛立ちを感じていることが前提にある、突然の思いつきを行っている。このウェブサイトにある文章はすべてがそうであると言ってもよい。そして、そのうちの正当化しているものについては論証しようと試みたのである。(それ以外、したがって大部分の文章は感覚や感情によっているので、受け流したり、同じく感覚や感情からの反論を行ったりしても構わない。構わないなどと、私が上からものを言うことでもないが。)
  なお、伊勢田哲治の『哲学思考トレーニング』では論理の検証機能が主張されているので、論理の眼目は議論の説明と検証であると言うことができると思う。
【2008年8月15日】 旧時代の遺物の発掘:自然主義と反自然主義の絡み合い
  一般に、性欲は動物的であり、性欲の赴くままに行動することもまた動物的であるとされている。そして、性欲を忌避するとき、それは性欲の赴くままに行動すること、したがって動物的であることを忌避しているというのが一般的な了解である。ここでは、動物的なことは自然なことと解されていることから、性欲を忌避することは反自然主義の立場に立脚していることになる。
  ところが、人間にとっては性欲を制御しようとすることが自然なことであるという可能性はないであろうか?
  一般に、人間は、自身が他の動物とは本質において異なると考えているが、これが単なる信念ではなく、本当のことであるとすれば、人間にとっては性欲を制御することが自然なことであるという可能性は十分にある。したがって、反自然主義を維持したければ、蓋然的に性欲の赴くままに行動することが推奨されなければならない可能性が出てくるのである。


  上では性欲に焦点を当てたが、より一般化した場合でも、自然主義と反自然主義の関係は私には不思議である。たとえば、「生きる意味」について、一見、無限後退か独断論の隘路が待ち受けている(実在論的に根拠づけようとする場合、たとえば神や世界など、現在のみならず、過去、さらには未来を含めた人間を包括する存在を要する。しかしながら、こうした方向は、それの根拠づけにそれを包括する別の何かを求め続けるという「無限後退」〔無限遡行〕に陥るか、それを拒絶するならば「独断」に陥らざるを得ないという隘路である。)というのが自然主義で、実存主義的な回答の仕方(これは、ただ個人的な価値観において個人的解答を与えようとし、得られた答えを他者に押しつけずに、「私にとっては〜」という語り方をするというものである。)が反自然主義のように思えるが、かつては(生きる意味などということについて)ごちゃごちゃと=実存主義的に考えなかったが、変化(私は進化という語を嫌っており、変化という語を好んでいる。)の結果、現在ではごちゃごちゃと考えるようになったという説明もできそうな感じがし、その場合、反自然主義が自然主義の結果であると見るのが正しいと考えられるのである。
  あるいは、進化生物学的な事実〔「〜である」〕を考えなしに規範/価値〔〜べし〕に読み換える仕方が流行しているが、一般的には、前者は自然主義的であり、後者は反自然主義的であると見なされているといったように、互いに異質なものとされている。しかし、たとえばサール(John Rogers Searle)は、約束という語についての彼の分析が正しければ自然主義と反自然主義の統合に成功していることになり、ここにも両者の絡み合いを見て取ることができる。




…………


◆反自然主義者「男は性欲の塊だから醜い」

◇自然主義者「「男は性欲の塊」であるというのは進化論的に事実であり、それを醜いと感じるのはただ受け手の問題である」

◎???「「性欲を醜い」と感じることもまた進化の、現段階での結果である」
【2008年8月15日】 旧時代の遺物の発掘:厳罰主義に対する疑義
  あるテレビ番組において、「悪には厳罰主義で臨め」という言明を行っていた人間がいる。彼は、道路交通法の厳罰化によって同法の違反数が減少したということを例にとって、厳罰主義の効用を説いたのであった。
  しかし、これはあまりにも問題を単純化しているのではないか。
  まず、ここでの悪を法律を基準とした悪、すなわち違法行為と規定し、法的悪と表現し直そう。
  次に、法的悪に対する態度を2つに区分する必要がある。1つは法的悪を忌避する傾向にある種類の人間で、もう1つは法的悪を肯定する、あるいは法的悪という概念を持たない種類の人間である。
  そして、前者の人びとは、ある行為をどの程度してはならないかについて、悪の程度を基準として2つ以上に分類している。たとえば、ゴミを道路に捨てることや冒頭の道路交通法違反などは悪の程度がより低いと考えており、反対に暴行や殺人などは悪の程度がより高いと考えている。
  こうして、法的悪を行ったときの態度を大きく3つに分類することができる。すなわち、「法的悪を忌避する傾向にあり、それが法的悪であることを認識しているが、その程度が低いと考えるために、その行為に対して比較的無頓着」なパターン、「法的悪を忌避する傾向にあり、それが法的悪であることを認識しており、かつその程度が高いと考えるために、その行為の重大性を強く意識している」というパターン、「そもそも法的悪をどうでもいいと考えているために、その行為に問題性はないとする」というパターンがそれである。
  このうち、第1のパターンの場合にはたしかに厳罰主義を採用することによって状況は改善されると思われるが、第2と第3のパターンについては因果関係を見て取ることはできないであろう。それどころか強い相関があると言えるかどうかも怪しい。
  なぜならば、第2のパターンの場合には、最初から強く意識してその行為を回避していることから、それを遂行するときには覚悟をしているか、正常な判断が下せないような心理状態にあると推測することができるためであり、第3のパターンの場合には、そもそも法など無用と考えているのであるから、罰についても比較的無頓着であると推測されるためである。
  後者の場合、効用といえば、その人の生涯における再犯あるいは当該犯罪とは別の犯罪の総数を物理的に低減させられるぐらいであろう。すなわち、厳罰主義は、根源的な解決をなし得ず、多数者によってそれほど大したことがないと認識されている違法行為に対してしか効果がないと思われる。




<<Back Top Next>>